アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
リミテッドアーカイブス74
ブログ紹介
サッカー、ロック、ビール、さまよいの記憶
zoom RSS

サッカー紀行#512 乾不発 エイバルーアトレチコマドリー

2018/01/14 22:29

??サッカー
好調エイバルにおける乾のプレーをみたくて、テレビをつけた。エイバルは右サイドを中心に展開してポゼッションもしていたが、決定機はそれほど作れなかった。
乾もかなり相手サイドバックにマークされていて、ペナルティエリア内での決定機は作れなかった。
しかし、ボールが乾に渡るとスタジアムの期待が一気に高まっていたような雰囲気が感じられるたので、今後も期待出し注視していきたい。
記事へトラックバック / コメント


サッカー紀行#512 2冠とは驚き セレッソ大阪ー横浜Fマリノス

2018/01/03 17:06
昨年、一昨年とJ2で苦戦していたセレッソ大阪が、今季国内タイトルを二つもとった。
過去においてもJ2から上がってきたばかりの柏レイソルがリーグをとったこともあったので、あまり驚きをもたれたないが、世界を見渡してみてもなかなか無いことではないのだろうか。それだけ、セレッソ大阪が新監督を迎え、急速に進化したということなのだろう。一方日本のトップリーグの特徴も表れているような気がする。
実力が伯仲していること、そして力のあるチームが一たびスランプに陥るとそのシーズン中の修正が効かず、あっさりと下位リーグへ降格してしまうこと。セレッソ然り、柏レイソル然り、ガンバ大阪然り、名古屋グランパス、サンフレッチェ広島など、歴史は繰り返している。それだけ、緊迫感のある面白いリーグ戦を繰り広げているということなのだろうか。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 20171228 ラウドネスライブ

2017/12/28 23:12
毎年恒例となりつつある年も押し迫った折の六本木EXシアターでのライブ。

画像


満員御礼で盛り上がっていた。バンドのパフォーマンスも最高で言うことなしの年の瀬イベントであった。
記事へトラックバック / コメント


サッカー紀行#511 無残すぎる敗戦 日本ー韓国

2017/12/20 16:55
2017.12
一体何なんだろう。この大敗は。やってはいけない事をあっさりとやってしまった。
海外組はいないとはいえ、国内リーグからの選りすぐりのメンバーで代表を構成していただけに、虚しさが募る。
単なるミステイクでは済まされない結果であることは明らかである。タイトルマッチでしかもホームでの戦いだっただけに。この敗戦には失望しか感じ得ない。来るワールドカップ本大会への期待もしぼんでしまった。
ファンの心は一気に離れていったに違いない。
記事へトラックバック / コメント


サッカー紀行#510 10年ぶりの歓喜 浦和レッズーアルヒラル

2017/12/10 16:48
2017.12
国内リーグでは苦戦している浦和レッズだったが、ACLでは見事な戦いぶりを連戦続けていた。
そして、クライマックスの決勝セカンドレグはホームでの見事なコレオで迎えられた。優勝の前祝かのような。
決勝点も感動的だった。
やはり、優勝するときは全てがかみ合うときときなのだろう。堅牢な守備や、ハードなプレイと、決定力、そして観客の後押し。日本のサッカーファンとしては、来季もぜひ歓喜に浸りたい。こんな喜びはそうはないが故に。
記事へトラックバック / コメント


サッカー紀行#509 辿り着いた頂 川崎フロンターレー大宮アルディージャ

2017/12/03 16:34
2017.12
劇的な展開だった。夢のようなシナリオが実現され、ファンでなくとも感激した。
そして、胸をすくような攻撃力、きれいなゴール。
シーズン最終戦でホームでの劇的な優勝。川崎が新たな歴史を作った。
記事へトラックバック / コメント


サッカー紀行#508 裏神奈川ダービー 湘南ベルマーレー町田ゼルビア

2017/11/29 23:28
前回対決で苦戦の末のドローを喫した相手、町田ゼルビア。
今シーズンのベルマーレは同じ相手に続けて苦戦することが多いが、果たして今回も同じくだった。
記念すべきJ2の卒業試合だったが、ドローで残念なものとなってしまった。次に町田ゼルビアと対戦する際はJ1で待ち受けていたい。
記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

リミテッドアーカイブス74/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる