アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
リミテッドアーカイブス74
ブログ紹介
サッカー、ロック、ビール、さまよいの記憶
zoom RSS

サッカー紀行#506 ぶっちぎりの優勝 湘南ベルマーレ-ファジアーノ岡山

2017/11/03 23:32
湘南が残り3節で早々とJ2優勝を決めた。とても喜ばしいことであり、こんなことはそんなにはないだけに、歴史的なことでもある。
そんな湘南だが、この日の試合に象徴されているように、今シーズンは渋い試合が多かった。その中で負け試合を極力少なくできたことが、優勝のポイントとなったように思える。
中にはショッキングな大敗もあったし、終了間際の失点で勝ち点を落とすこともあった。ただ、その厳しい結果を踏まえ、少しでも前進させるべく戦い、結果連敗なしという粘りの戦いが今シーズンのスタイルだった。
失点は少なく万全だったが、得点もかなり少なめであった。J2特有のパワーストライカーがいない中で、また、キャプテン、副キャプテンが長期離脱する中で、いる選手の総力で勝ち取った意義は大きい。
だが、来シーズンはまたJ1仕様に仕上げないと、このままの戦力や戦い方ではまず、降格候補筆頭となってしまうような気がする。どれだけ選手の放出を抑え、逆に、ワンランク上の選手を補強できるかにまず、来季の命運がかかっている。
ノーモアエレベーターチーム。これを合言葉にタイトルを目指すためのチームとして上を目指姿勢をみせてもらいたい。 2017.11.3
記事へトラックバック / コメント


サッカー紀行#505 アビスパ福岡-JEF千葉

2017/10/22 16:59
福岡が必至の猛攻を仕掛けたが、僅差で敗退を喫した。
この試合に負けると福岡は優勝の可能性が低くなるだけでなく、3位チームと勝ち点で並ばれる状況であったが、無得点で終わってしまった。シーズン終盤のプレッシャーなのか。
記事へトラックバック / コメント


サッカー紀行#504 大宮アルディージャ-柏レイソル

2017/10/22 09:00
来季のJ2行きが迫りくる大宮と優勝のために食らいつきたい柏のトップボトム対決。
シーズン終盤なだけに結果がより重くのしかかってくる試合。
そんな中、大宮マテウスの必死さだけが目立っていた。
少し激しすぎ、空回りしそうな感じだったが、それでもプレーはクールにポイント1を手繰り寄せるゴールを決めた。
終わってみれば、この試合の重要さを一番感じていて、それを表現することが必要な試合だったことが実感させられた。
記事へトラックバック / コメント


サッカー紀行#503 湘南ベルマーレ-愛媛FC

2017/10/22 08:28
湘南が手堅く勝利し、来節のJ1復帰とJ2優勝に王手をかけた。
今シーズンの湘南は相手チームを圧倒するような展開はしていない。
出来ないのかしていないのかよくわからない。
結果的にポゼッション率は相手を下回るが、ゴール前の堅牢さで守り切るようなたたかいとなっている。
勝ちが多いだけに不満はないが、あまり面白くは無い。得点も最少得点のことが多いし。
このレベルで、湘南が来季J1残留を目指すのは少々厳しいのではないかと、繰り返し感じている。
記事へトラックバック / コメント


サッカー紀行#502 名古屋グランパス-湘南ベルマーレ

2017/10/22 08:20
J2 37節。
この試合と他会場の結果次第では、湘南のJ1復帰が決まるかもしれなかったが、叶わなかった。
名古屋の強力な攻撃の前に、あっさりと連続失点を喫し、湘南は沈んだ。
この試合は名古屋の試合だった。巧みな個人技、連携のよいポジション取りからのパスワーク、決定力。
どれをとっても名古屋が湘南を上回っていた。来季の湘南のJ1での苦戦ぶりを垣間見てしまったような気がして、気が重くなった。
記事へトラックバック / コメント


#999 いきがい

2017/10/09 13:54
生きている実感・喜び、生きていく目的、生きている値打ち・証

等々

大切ね、これは。
記事へトラックバック / コメント


サッカー紀行#501 高レベル ドイツ-アゼルバイジャン

2017/10/09 05:49
この技術、体力、そして戦術・連携、どれをとっても高レベルの戦いぶりいぶりだったドイツ。
ワールドカップ本大会でも屈指のレベルだろう。
そして、日本。このチームと対戦するには、もう一段・二段と戦い方を突き詰めていかなければならない。
そんな状況なのかもしれない。
記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

リミテッドアーカイブス74/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる