ロックの旅 #116 Aerosmith Rocks 1976

エアロスミスの4作目。アルバム通して統一感があり、とても好印象である。バンドのスタイルが確立されたような気がする。演奏はリズム隊がとても安定していてノリが良く、退屈しないし、ツインギターもコンビネーションが抜群である。