アクセスカウンタ

<<  2018年7月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


ロックの旅 #251 Slipknot All Hope Is Gone 2008

2018/07/31 21:30
スリップノットの4作目。相変わらずのような感じだから、随分と変わったか。なんだかまともな路線になったか。ドラムスのビートやメロディラインなど。どうなのだろうか。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #250 Slipknot Vol. 3: The Subliminal Verses

2018/07/31 08:03
スリップノットの3作目。前作同様にどう猛なほどの迫力があるが、前作よりは少しキャッチーな要素も出しているか。それにしてもこの絞り出すような激しいサウンドをやり続けることを支えるメンタルはなんなのか。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #249 Slipknot Iowa 2001

2018/07/30 19:11
スリップノットの2作目だが、随分一作目から雰囲気が変わった。これが正にエクストリームメタルなのか。特にヴォーカルが強烈である。どの曲もほぼ同じ歌唱法とテンションで押しまくる。この先のアルバムでどう進化していくのか興味深い。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #248 DragonForce Valley of the Damned 2003

2018/07/29 17:30
ドラゴンフォースのデビュー作。どこまでも熱くドラマチックなサウンドだ。激アツメロディックスピードメタルといえばよいか。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅#247 VOW WOW III 1986

2018/07/29 16:08
V時代の究極の名作と思っているアルバム。曲調がどうこうとかいうよりバンドが出す音自体が一つのジャンル、世界を創り出している。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #246 VOW WOW Beat of Metal Motion 1984

2018/07/29 16:04
超久しぶりに聴いてみた。Vでの一枚目。なんとも自由でパワフルで独特の雰囲気を持っているバンドだ。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #245 Slipknot Slipknot 1999

2018/07/22 17:16
スリップノットのデビュー作。久々の超インパクト作である。なんとも腹の底に響く重低音とギターの轟音。そして突っ走るドラムに激しすぎるヴォーカル。スラッシュメタルの進化版のような感じか。そして、スクラッチのような要素も入り、現代的なメタルサウンドだ。ハイブリッドなモダンメタルと言えばいいか。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #244 Iron Maiden Virtual XI 1998

2018/07/22 09:12
アイアンメイデンの11作目。大作である。プログレッシブである。曲がどれも長く余すところなく楽しめる作品である。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #243 Iron Maiden The X Factor 1995

2018/07/22 08:08
アイアンメイデンの10作目。我が道を貫く鋼鉄道だ。誰が何を言おうと曲げない柱、素晴らしい。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #242 Iron Maiden Fear of the Dark 1992

2018/07/20 12:23
メイデンの9作目。相変わらずの安定したヘヴィメタルサウンドである。そして相変わらず曲も長い。しかし、ヴォーカルが交代しているのか?そこだけすこし雰囲気が変わったかも。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #240 Judas Priest Jugulator 1997

2018/07/19 19:15
ジューダスプリースト の20世紀最後のスタジオアルバム。サウンドはすこしスラッシュ的な要素も取り入れたか。それに新ヴォーカリストはゴッドによく似たのを見つけたな、という印象で声や歌唱法もよく似ていて全く違和感なく受け入れられた。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #240 Judas Priest Painkiller 1990

2018/07/19 07:54
ジューダスプリースト の12作目。安定のメタルゴッドぶりである。期待を裏切らない、メタルの王道を進み続けてくれている。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #239 Megadeth RISK (1999)

2018/07/18 22:30
メガデスの7作目。ハード、ヘヴィながらもとてもキャッチーな曲が収録されていて結構印象的だった。金具活動し、いろいろな作品を経るとこういう路線にもチャレンジしたくなるものなのだろう。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #238 Megadeth CRYPTIC WRITINGS (1997)

2018/07/18 18:13
メガデス の7作目。相変わらずバラエティ豊かな構成である。なかなか個性をひとつみつけるのは難しい。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #237 Pearl Jam Yield 1998

2018/07/18 07:59
パールジャムの5作目。今作もヴァラエティ豊かな作品になっている。安定のアルバムである。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #236 Pearl Jam No Code 1996

2018/07/17 20:30
パールジャムの4作目。また変化、進化していた。アコースティック調を取り入れたり静けさの中でもロックである。やはりロックバンドはこうでなくては。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #235 Pearl Jam Vitalogy 1994

2018/07/17 18:40
パールジャムの3作目。これまで二枚目風のカッコ良いアルバムだったが、今作は若干様相が違う。すこしくだけてきたというか、ゆるくなってきたというか、サウンドに幅が出てきたような気がする。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #234 Nirvana IN UTERO(1993)

2018/07/17 12:33
ニルヴァーナ の3作目。ブレイク後だけに割と自由に音を表現していると思う。この作品がこのバンドのラスト作になってしまうことが残念だ。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #233 Nirvana NEVERMIND 1991

2018/07/17 08:19
ニルヴァーナ のあの2作目。世界中で売れまくり、世界のロックシーンの潮流を一気に変えてしまったあのアルバムだ。オルタナティブでかつ、グランジなサウンドが求められていたのだろう。何かのアンチか何か絶大なる力に対しての反抗か。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #232 Pearl Jam Vs. 1993

2018/07/16 18:35
パールジャムのセカンドアルバム。このアルバムが当時の世界ロックシーンを席巻したのだが、なんかインパクトが今ひとつのような感あり。演奏もヴォーカルもとてもカッコよく曲もかなりなのだが。当時のシーンはこのようなサウンドを待望していたということなのだろう。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #231 Iron Maiden No Prayer for the Dying 199

2018/07/15 08:40
アイアンメイデンの90年代一作目。抑制の効いた曲展開や演奏がサウンドを頭に入りやすくしている。とかく超大作志向があるような気がするので、これくらいの感覚がちょうど良いのではないかと感じた。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #230 Pearl Jam ten 1991

2018/07/15 07:10
パールジャムのデビュー作。非常にクオリティーの高いアルバムた。演奏は上手く、センスもある。曲もパワーがあり、退屈しない。とても真摯にロックを、追及していると感じた。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #229 Megadeth YOUTHANASIA (1994)

2018/07/13 09:00
メガデスの6作目。なんだか結構音がデカくなったかも。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #228 Nirvana BLEACH 1989

2018/07/12 18:00
ニルヴァーナ のデビュー作。グランジと分けられているが、パンクぽい。商業メタルシーンのアンチの受け皿になったのも何となくわかる。型にとらわれない自由な感じが漂っているから。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #227 Megadeth COUNTDOWN TO EXTINCTION (1992)

2018/07/12 04:19
メガデス の5作目。ギターのテクニカルさが光るアルバム。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #226 Megadeth RUST IN PEACE (1990)

2018/07/11 18:20
メガデス の四作目。このアルバムからマーティが加わっている。マーティのギタープレイ、特にソロはかなりバラエティがあり、パワーもあり、メロディアスでもあり、抜群である。バンドのサウンドもパワーがあり、バラエティも豊富である。それでいて割と軽く聴けるところがこのバンドの最大の特徴か。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #225 Korn Issues 1999

2018/07/11 08:40
コーンの四作目。すこし、メロディラインがはっきりした曲が増えたか。そして演奏もすこし縦ノリ風も出てきたか。全体的に勢いを感じるアルバムだ。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #224 Limp Bizkit Significant Other 1999

2018/07/10 21:02
リンプビズキットの2作目。スクラッチなどのDJの要素が増してきているなかでギター、ベースのハードさも増してよりグルーヴ感溢れる作品となっている。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #223 Limp Bizkit Three Dollar Bill, Y'all$ 1

2018/07/10 18:21
リンプビズキットのデビュー作。超低音とラップを組み合わせた超ミクスチュアーなメタルサウンド。これはかなりインパクトがあるし、面白い。しかしなかなかそれぞれの曲の聴き分けがつかない。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #222 Korn Follow the Leader 1998

2018/07/10 12:12
コーンの3作目。少しドラムの音がデカくなったか?雰囲気的にほより一層闇に突っ込んでいるようなおどろおどろしい感じか。内面の闇を音にしているような感もある。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 221 Korn Life Is Peachy 1996

2018/07/09 19:10
コーンの2作目。より音が低くなったかのような雰囲気が感じられる。演奏もかなり個性的だが、ヴォーカルが異彩を放っているな。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #220 M?tley Cr?e Generation Swine 1997

2018/07/09 12:17
モトリーの7作目。ヴィンスが復帰している。しかしアルバムの中でヴォーカル音がえらく小さいような気がする。出戻りだからいじめてんのか?それとも声が出てないのを誤魔化すためか?よく分からないがいかにも不自然だ。サウンドの方は前作の硬派な印象から本来の軟派な感じに少し戻り、リラックスして聴けるようなものになっている。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #219 Van Halen Van Halen III 1998

2018/07/09 07:54
ヴァンヘイレンの11作目。ヴォーカルが交代している。あまりあってないような噂を聞いていたが、そんな事は無かった。というより声や歌唱法がサミーにかなり似ていて違和感がなかった。そしてサウンドはより硬派なハードロックとなった印象で、とてもよい。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #218 Van Halen Balance 1995

2018/07/08 20:06
バンヘーレンの10作目。ギターが歌いまくっておる。気持ちよい。バッキングがカッコ良いね。曲もいい曲多いし、グッドです。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #217 Van Halen For Unlawful Carnal Knowledge

2018/07/08 18:48
ヴァンヘイレンの9作目。原点回帰したかのようなハードサウンドだ。ギターワーク、バンドサウンドともに最高の出来だ。勿論ボーカルのヘイガーも最高である。なのでキーボードを入れた曲はこのアルバムには無い方がよかったかも。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #216 Korn 1994

2018/07/08 08:02
コーンのデビュー作。タガが外れてしまったかのような超低音リフに腰が抜けた。そして、ボーカルのラップ調のスタイルと、新しいものを発見した時の衝撃を受けた。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #215 Pantera The Great Southern Trendkill 19

2018/07/08 07:48
議論的には前作と同じ路線か。そのためがインパクトは少し少なめだった。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #214 Pantera FAR BEYOND DRIVEN (1994)

2018/07/06 06:41
パンテラの7作目。このサウンドは超ステキである。ギター音が無駄を削ぎ落としたかのようなシャープでぶっとくて最高にかっこよい。また、グルーヴ感漂う絶妙なノリがたまらなく良い。このアルバムが売れるアメリカはすごい、ついでに。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #213 Pantera VULGAR DISPLAY OF POWER (1992)

2018/07/05 09:34
パンテラの邦題俗悪。タイトルとは違いサウンドは硬派な印象を受けた。重低音と威力のあるギター音をベースにどの曲も重厚だ。ボーカルには何かを訴えかけてくるかのような迫力があるし。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #212 Pantera COWBOYS FROM HELL (1990)

2018/07/03 21:56
パンテラの生まれ変わった?作品。スラッシュな中にもメタリックなギターやボーカルが散りばめられていて、少し他のバンドと違う感じを出しているよう。そしてスケールがデカい。どらむは、もの凄い迫力で破壊を迫ってくるかのよう。迫力とかっこよさとスケールのでかさで圧倒されました。
記事へトラックバック / コメント


サッカー紀行#555 酷い負け方 ベルギーー日本

2018/07/03 10:27
勝てそうな試合を落とした。よく聞かれるフレーズだが、聞かれらなくなる日は来なさそうだ。ロスタイムの失点、防げたはずだ。だからこそ虚しい。なんであんなプレーをチームとして選択したのか。甘過ぎやしないか。こんなんでは何年経っても世界では勝てない。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #211 SLAYER Diabolus in Musica 1998

2018/07/03 10:17
スレイヤーの8作目。あくまでもスラッシュ。より重厚に。もはやこれは国際重要文化財だ。
記事へトラックバック / コメント


サッカー紀行 #554 つまらない試合になる事もある デンマークークロアチア

2018/07/02 21:17
両チーム行けてないプレーの応酬だった。そんな試合もあるだろう。そんななかでまさも最後の最後は精神力の戦いか?
記事へトラックバック / コメント


サッカー紀行 #554 ジャイキリは起きた。 ロシアースペイン

2018/07/02 21:10
かなり前線の評判は良くなかったロシアが、pkながらも、スペインを下した。やる前とお終わったあとに評価が激変することもありえる。チャレンジしないと始まらない。ロシアンパワーを、胸に戦えは、強国にもマトモに戦えるかもないし。
記事へトラックバック / コメント


サッカー紀行 #553 スーパースターの爆発次第 フランスーアルゼンチン

2018/07/02 21:04
アルゼンチンにはメッシがいる、アグエロもいる、イグアインもぜマリアもいる。それでも勝てなかった。三点も取ったにもかかわらず、スーパースター候補の爆発なプレーとスーパーなゴールに沈められてしまった。世代交代の到来の大会なのかもしれない。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #210 SLAYER Divine Intervention 1994

2018/07/02 08:38
スレイヤーの6作目。全く変わらないスラッシュサウンド。サウンドへの深い愛情を感じる。ドラムスが交代しているがそのせいか
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #210 SLAYER Divine Intervention 1994

2018/07/02 08:33
スレイヤーの6作目。全く変わらないスラッシュサウンド。サウンドへの深い愛情を感じる。ドラムスが交代しているがそのせいかより音圧が増しているように感じられる。今後の進化に更なる期待がもたれる。
記事へトラックバック / コメント


サッカー紀行 #552 妥当な策ではあると思う 日本ーポーランド

2018/07/01 22:51
試合の終わり方がクローズアップされた試合。基本的には大批判されている。ただし、勝ち上がることだけが日本サッカーの成長につながるとの考えから、パス回しを選んだんだと思う。自分は世界サッカーの戦術として大いにあり得るものだと思っていた為批判的だったが、自分はけっかおわらいだが良かったのだとおもっている。
記事へトラックバック / コメント


サッカー紀行 #551 よくやったが勝ち点3も行けたのに 日本!セネガル

2018/07/01 22:47
ミスから2失点した。しかし取り返すパワーがこの試合にはあった。結果勝ち点を1積み上げた。大きい勝ち点ではあるが逃した勝ち点も大きい。でもこんな時はポジティブシンキングでないと、戦い続けられないんだろう。
記事へトラックバック / コメント


サッカー紀行 #550 ドイツ沈んだ ドイツー韓国

2018/07/01 22:36
韓国がドイツを破った、守りがちというところかもしれない。しけし、ドイツは負け慣れてないせいか、焦っていたようにみえ、攻撃も単調だったのでは無いか。最後はゴールキーパーが無謀とも思えるポジショニングをして、まんまと致命的な追加点を決められてしまった事も焦りの表れか。それとも、驕りの表れか。いずれにしろ勝ち上がれなかったのだからなにか、チームにピンチは潜んでいたのだろう。
記事へトラックバック / コメント


タイガース2018 #73 大勝を観れるなんて 対スワローズ

2018/07/01 22:27
開始して即大量得点で一方的なゲームにするなんて、セクシー過ぎる。暗黒期は全く逆だったからな。先発投手が3連続四球でそのあと走者一掃のタイムリーを喰らい、開始5分で試合が実質終わる、という時代。それに比べたら今のていたらくは、ていたらくのうちに入らないほどまともである。こんな時代まで築き上げできてので、是非頂点を目指してもらいたい。
記事へトラックバック / コメント


タイガース2018 #72 横浜でのベイ戦は甘酸っぱい 対ベイスターズ

2018/07/01 22:21
昨年くらいから横浜スタジアムでのベイ戦はほぼ勝っているような印象である。実際にかなり勝ち越しているはず。このまま、よい思い出の拠り所としての横浜を維持してもらいたい。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #209 SLAYER Seasons in the Abyss 1990

2018/07/01 19:46
スレイヤーの5作目。スピードスラッシュ、まさに王道を行く。演奏がとてもよい。特にお気に入りはドラムである。独特の間合いとタイトなフィルインがすてきだ。
記事へトラックバック / コメント


ロックの旅 #208 Anthrax Volume 8: The Threat Is Real 19

2018/07/01 12:36
アンスラックス の8作目。なかなかなカオス感のあるアルバムだ。時代とともに移り変わるサウンド、確かにモダンヘヴィネスといったフレーズが想い起こされる。やはり長く活動を続けるバンドの宿命だな、変化と不変のバランスが。
記事へトラックバック / コメント


<<  2018年7月のブログ記事  >> 

トップへ

リミテッドアーカイブス74 2018年7月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる