サッカー紀行#555 酷い負け方 ベルギーー日本

勝てそうな試合を落とした。よく聞かれるフレーズだが、聞かれらなくなる日は来なさそうだ。ロスタイムの失点、防げたはずだ。だからこそ虚しい。なんであんなプレーをチームとして選択したのか。甘過ぎやしないか。こんなんでは何年経っても世界では勝てない。

続きを読む

サッカー紀行 #552 妥当な策ではあると思う 日本ーポーランド

試合の終わり方がクローズアップされた試合。基本的には大批判されている。ただし、勝ち上がることだけが日本サッカーの成長につながるとの考えから、パス回しを選んだんだと思う。自分は世界サッカーの戦術として大いにあり得るものだと思っていた為批判的だったが、自分はけっかおわらいだが良かったのだとおもっている。

続きを読む

サッカー紀行 #550 ドイツ沈んだ ドイツー韓国

韓国がドイツを破った、守りがちというところかもしれない。しけし、ドイツは負け慣れてないせいか、焦っていたようにみえ、攻撃も単調だったのでは無いか。最後はゴールキーパーが無謀とも思えるポジショニングをして、まんまと致命的な追加点を決められてしまった事も焦りの表れか。それとも、驕りの表れか。いずれにしろ勝ち上がれなかったのだからなにか、チームにピンチは潜んでいたのだろう。

続きを読む

サッカー紀行 #549 ゲルマン魂 ドイツースウェーデン

ドイツが前半早々に失点を喫し、かなり厳しい状況での展開を強いられた。後半に追いついたもののその後は加点できずいよいよまずい状況から決勝弾を決めた。その昔、ゲルマン魂と言われていたが、まだその魂が受け継がれていることを実感した。

続きを読む

サッカー紀行 #544 アップセット ドイツーメキシコ

予選リーグとはいえ、大番狂わせが起こった。メキシコは見事なカウンターを仕掛け、対応がイマイチなドイツのディフェンスラインを破った。こういう試合があるとワールドカップが盛り上がってくるし、楽しさが倍増する、ジャパンもみならって頑張ってもらいたいところだ。

続きを読む

サッカー紀行 #541 スペインでもこうなる ポルトガルースペイン

結果的にはドロー。しかし、スペインが圧倒していた。スペインが逆転してからはスペインが攻め続けた決定機も何度も作っていたがあと1点を取れないでいた。その間ポルトガルはあまり有効な攻撃は仕掛けられていなかった。スペインの勝利は目前だと思われたが、終了間際にポルトガルがワンチャンスを決めた。強いスペインでも、こういったとりこぼし的な事が起こり得るのか。

続きを読む

サッカー紀行 #540 兆しの表れか 日本ーパラグアイ

西野ジャパンにようやくポジティブな光が差し込んだ。4点も取ってテストマッチに勝利した。あくまでもテストマッチに過ぎないが、無残に負けるよりかは勝った方が良い。この期に及んで負け続けると、本番を迎える前に批判の的になり、出来ることもできなくなってしまうから。この試合の乾のように、ブレイクする選手が本番出ててくれるか否か、ここが成功するための大きなポイントになりそうだ。

続きを読む

サッカー紀行 #539 テストマッチとはいえ 日本ースイス

前半は日本も少し攻撃の形を作りかけていたが、後半は皆無と言ってよいくらい、攻守にわたってよいところが無かった。期待した本田圭佑のトップ下も全くの不発だった。この期に及んで試行錯誤しているチームは、ワールドカップ常連国とは思えない程情け無い。今回、8年前のような本大会で突如覚醒する事を望むのは難しい。あの時にいた救世主が現れでもしたら話は別だが、こんかいはそんなタレントは見当たらない。僅かなる希望…

続きを読む

サッカー紀行 #538 絶望的な不安感しか 日本ーガーナ

それにしても仕上げの段階で新たにチームを再建してては、どう考えても間に合わんやろ、と突っ込みを入れたくなるが、壮行試合もやはりその懸念通りとなった。ホーム最終戦で旅行客人チームに完敗した。あとテストマッチは2試合。結局騒動を起こした割には何も残らなかった、という最悪のシナリオが待ち受けているようで絶望的な不安感しかない。

続きを読む

サッカー紀行 #536 よくやった 湘南ベルマーレージュビロ磐田

湘南が割と好調な磐田か、スリーポイントをゲットした。湘南は3連敗していただけに、この日も悲観的なスタートだったが、よく勝ちに持ち込んでくれた。やはりプロ、技術とメンタルで窮状を乗り越えた。これでポイント18、悲観的になる必要のないレベルなのでホッとした。

続きを読む

サッカー紀行 #530 完敗 湘南ベルマーレーサンルレッチェ広島

前節の痛い敗戦のショックを払拭したい湘南であったが、そうはならなかった。また最悪の結果、敗戦となってしまった。 どの試合も紙一重の戦いなので、ポイントを積み重ねることはとても難しい。しかし、紙一重を堪えて、1ポイントずつ積み上げていかないと、降格圏に定着することになる。 アライブするための執念に期待する。

続きを読む